安否確認をシステムで迅速に行う|対策の手段

女性

申請手続きを任せよう

スーツの男性

商品や技術の権利として特許権というものがあります。特許権を取得するためには特許申請を行う必要があります。法的手続きが必要になるため、専門家に依頼して手続きに協力してもらいましょう。

View Detail

円滑なコミュニケーション

オフィス

ビジネス上でのコミュニケーションは欠かすことができません。ただ、直接話すとなるとどうしても時間がかかってしまうため、ビジネスチャットを活用するのも一つの方法です。

View Detail

計算業務を任せよう

3人の男の人

給与計算業務の負担は大きく担当者にとって大きな負担となることがあります。このため、給与計算代行業者に依頼するといいでしょう。プライバシーの保護にもなるため情報を守るなら活用しましょう。

View Detail

災害発生時に活用

男の人

災害などが発生した時は、企業の迅速な対応が欠かせません。ただ、迅速な対応といっても社員数が100人を超える企業であれば一人一人の状況をチェックすることは簡単ではありません。このため、そのような時に備えて安否確認システムを用意しておく必要があるのです。安否確認システムがあれば、そのシステムによっては多数の社員にまとめて企業から電話やメールといったツールで連絡を呼びかけることができます。前もって担当社員の電話登録などを行う必要がありますが、それらを徹底的に行うことで早めに社員の状況をチェックすることができるのです。安否確認システムは、社員の多様するデバイスの所持に合わせてあらゆる端末やツールを活用しての報告を行います。まずは、会社携帯への連絡後、個人のスマートフォンに連絡、その後固定電話などあらゆる端末に発信することができるのです。システムによっては100回以上繰り返し連絡を行うこともできるのです。

ただ、安否確認をするだけではなくその確認した情報を一つの情報としてもまとめてくれる機能もあります。連絡があった人数や、出社している社員の数など細かくデータに記録することができるため、それらを分析することができます。メールや電話での連絡だけではなく、掲示板を活用するシステムもあります。どうしてもメールや電話だと回線がパンクしてしまうこともありますが、掲示板であればインターネットから接続することができるため、状況をチェックしやすいのです。安否確認システムを導入するときは、機能の内容を細かく把握しておきましょう。